FC2ブログ
コンテントヘッダー

暑いわ~

何か「鉄血」の「振り返り上映会」と「鉄ラジ」に松風が登場!と。
ここに来て、松風の露出が増えてますな。
てか、ガエリオが生きてそうな気配満々ですな。
しかし、2期の松風のスケジュールは押さえて無いという噂も…。
2期に出る出る詐欺をかますつもりで無ければ、1期のラストが不評過ぎてテコ入れがあった予感。
まあ、無い方が驚くけどw
しかし、そうなると2期も付き合わなきゃならないのか(´・ω・`)
もう私、鉄火団の負ける姿しか見たくないレベルなんだがな…。
それはともかく、「鉄ラジ」の公録…速水も追加になって、行ける人がマジで羨ましいわ。

ところで、その「鉄ラジ」で松風が、「「オルフェンズ」は今まで「ガンダム」を見た事無かった人に薦めたい」的な発言をしてましたな。
松風って、どういう狙いなのかはよく分からんけど、滅茶苦茶真理を突いた発言するよな…と。
そうそう「鉄血」は、「ガンダム」が好きな人より、そもそもロボットアニメを見た事無い人の方が、まだ楽しめると思う。
私みたいに、ロボットアニメを見ながら育った様な人間には絶対に合わない。
だって、ロボットが活躍しないんだもん(´-ω-`)
あとコメンタリーで、マクギリス戦について「この作品の強さはどうなってるんですか?」みたいな発言もしてたけど、それも「鉄血」がロボットアニメとしてダメな部分の相当上位に来る所を指摘してるんだよなぁ。
「鉄血」って、優秀なロボットと優秀なパイロットが強いのでは無く、監督が勝たせたい奴の攻撃だけが相手に効いて、負けさせたい奴の装甲だけが滅茶苦茶弱くなる。
三日月とマクギリスはパイロットとして優秀なんじゃなくて、あの2人の武器だけ敵に効き、キマリスやグレイズの装甲はクーデリアの皮膚より弱い。
弱いロボットが強いロボットを倒す為に頭を使ったり、武器を強化して対抗する訳でも無い。
ロボットは意味無く強化され、しかもその強化も知らない内にされ、勿論強化された為にどう強くなったかも描かれない。
ロボットアニメ好きが面白いと思う部分が全て省略されてる。
こんな酷いアニメ初めて見た。
SF考証が雑なアニメは他にもたくさんある(ぶっちゃけ「G」と「W」はかなり滅茶苦茶)けど、監督が勝たせたい人間にだけ都合良く設定が変わって行くアニメは「鉄血」ぐらい。
だからロボットアニメとして全然面白く無い。
どういう層なら楽しめるのか私にはちょっと分からないけど、ロボットアニメが好きじゃない層になら、案外楽しめる人が居るのカモ知れない。
でもそういう人達でも、鉄火団やクーデリアの行動に全く疑問を持たない人間は、人としてちょっとヤバイなぁ…って思うけど。


それはそうと、全然話は変わるけど、今年の「27時間」は全然見なかったなぁ…と。
だいたい、最近フジは本当に見なくなった(元々「スマスマ」と「アンビリ」ぐらいしか見ないのに、その「スマスマ」の放送回数が減ってるんだもん)から、放送当日に「あ、今日27時間なんだ…」って気がついたぐらい(;^_^A
あ、日曜の午前中か昼頃か忘れたけど、高校生のダンクはチラっと見たな。
けど、すぐに別の企画に変わっちゃったから、見るの止めちゃった。
んで、「ああ、これスマスマでやったヤツね~」なんて思ったんだけど、フィナーレでヘイセイが混じってやって、ぐだぐだで終わったとか何とか…。
つくづく今のフジって、仕事出来ない奴の集まりなんだなぁ…って思ったよ。
だって、「スマスマ」のあの企画を見れば、生放送でやるのが無茶なのは分かるでしょ?と。
SMAPがどんだけ苦労して成功したと思ってるのよ?
学習能力無いよなぁ。


テレビ感想↓

「バケモノの子」
細田監督を宮崎駿監督の後釜にしようとするのには、かなり無理があるな。
どんなにステマを頑張っても、細田監督は凡才過ぎる。
とりあえず、「おおかみ」と「バケモノ」は致命的に話が面白く無いというか、とっ散らかってて酷いというか…。
あと、宮崎監督はモブの動きまで面白いけど、細田監督は主役の動きすら面白く無い。
そして毎回思うけど、キャラ絵と背景絵が上手くかみ合って無くて、見ていてそれが気になって困る。
キャラに影を付けないのは良いとして(でも付いてるキャラも居るから困る)、濃厚な背景の上にキャラの影を落とさないのは違うと思うんだよなぁ(そしてたまに落ちてるからまた困る)。
対してジブリ作品は、あっさりキャラとしっかり背景が上手くかみ合ってるんだけどねぇ…細田作品はちぐはぐなんだよなぁ。
やっぱり天才と凡才の差だわ、コレ。
とりあえずこの作品に関しては、主人公がバケモノの世界に行くくだりをもっと丁寧に描く!
そして、人間世界での恋愛ネタ等を全部カット。
その空いた時間で、イノシシに育てられた子供が闇落ちする過程をちゃんと描く!
の3点の修正で、駄作から凡作ぐらいにはなると思う。
あとは、ちゃんと上手い声優さんを使うべきだな。


「体育会TV」スペシャル
プルシェンコ目当てで見たけど、単なる総集編だった。
ところで今回、ジャニーズ陸上部というのを初めて見たんだけど、女子高生にリレーで勝って大喜びしてる姿にドン引きした。
だって、スキーやスケート等の特殊技能が必要なスポーツならともかく、ぶっちゃけ単なる「かけっこ」よ?
フルマラソンならともかく、短距離走で男が女に勝つのは当たり前じゃない?
だって、男と女って元々体の作りが違うもの。
せめて、日本代表クラスならまだ分かるけど…陸上部とはいえ女子高生…。
カッコ悪っ(´-ω-`)(私の中のジャニ評価がどんどん下がる一方なんですが…)


「仰げば尊し」
初回は「行列」を見ていたからw2回目から視聴。
不良少年が雀荘で、タバコも吸わずにメロンソーダを飲んでたのに吹いた(;^_^A
TBSの謎
日5アニメ:殺人、飲酒、買春、武器密輸、他国への不法侵入等、悪の限りを尽くした未成年がそのまま英雄扱いで1期終了。
日9ドラマ:この先更生する予定の不良少年が、タバコも吸わなければ飲酒もしない。
まあ、ドラマ班の方が自主規制を行った…って事なんだろうけど、むしろ日5アニメの方こそ自主規制しろよ!と。


「そして、誰もいなくなった」
2話分まとめて…。
ミムラの行動が異常過ぎる!
そして玉ちゃんの言動も変だ!!
藤竜に、研究室に進む権利を勝手に譲ったのはミムラ。
しかし、百歩譲ってそこを責めるまでは有りとしよう。
しかし、就職先がブラックだったのは、藤竜の責任じゃない。
ましてや、その後再就職もしないで10年位ブラブラしていたのは、ミムラの人間性の問題であって、他人を責める問題じゃないだろう。
このドラマ、本人の悪気無い行動が原因で、知らない内に他人の恨みを買ってる主人公…って話にしたいのは分かるんだけど、この展開では恨む方がおかしいとしか思えない。
はっきり言えば脚本が下手。

ぶっちゃけこのドラマは、マイナンバーの危険性を訴えたいんだろうな…とは思うんだけど、余りに荒唐無稽過ぎてマイナンバー批判にすらなってないし。
確かにマイナンバーは、他人に乗っ取られる危険性がある。
でも、乗っ取られた所で、じゃあ昨日まで小中高大を卒業して会社勤めをしていた、この人は誰なんだ?って話になるだけ。
凄い過疎った村で育った訳じゃない限り、主人公に何の感情も持ってない知り合い…ってのが存在する。
そういう人達は、警察や弁護士に聞かれたら、これまでの主人公の人生について普通に証明してくれるだろう。
卒業アルバム等があれば、主人公が「藤堂新一」という名前で小学生の頃から生活していた事を証明するのは簡単だ。
2億円横領の件だって、隠し場所も分からなければ使った形跡も無い訳だから、有罪になる可能性は低い。
そもそも、「この世に存在しない人間」を有罪にする事は出来ないんだから、逮捕されたら警察が主人公の正体を調べる事になるだろう。
だから、逃げ回るよりも捕まった方が良いと思うんだけどね。
何でこの天才主人公は逃げ回ってるんだろうね?
そこが理解出来ないから、主人公にも共感出来ないんだよなぁ。
しかも、逃げ回ってる癖して、食堂で叫ぶとか…(;^_^A

ふと思ったんだけど、このドラマは韓国が舞台なら良かったのカモ。
主人公は、日本企業の韓国支社に長期出張で来ていて、韓国人と共に働いていた日本人。
英語は得意だけど、韓国語はそうでもない。
そんなある日、パスポートを盗まれた上に犯罪の容疑者になってしまった。
ここは大使館に頼る以外に方法は無いのだけれど、頼みの綱のパーソナルナンバーは他人に乗っ取られていて、自分が日本人である事を証明する事が出来ない。
しかし韓国の警察は、主人公が日本人という事でマトモな取り調べもせずに有罪扱い。
もう頼れるのは、大使館勤めをしている小学校時代の同級生ただ1人。
しかし、その同級生も小学校を卒業してからずっと会って無かったので、主人公と乗っ取り犯のどっちが本物なのか疑い始める…。
みたいな話だったら、逃げ回る主人公にもまだ感情移入出来るんだけどなぁ。
日本が舞台だとなぁ…とりあえず、警察に捕まれよ!としか…。

ところで、このドラマに出てるごり押しキモジャニは、テレビに出る度にアンチを増やしてる気がするんだけど…。
せめて、顔が良いとか、演技が上手いとか、まだ若いとか、何か取柄があれば良いんだけど、全部ダメって凄すぎる…。
てか、ヘイセイは完全に売り時を終えちゃったというか何というか…。
アラサーの無能男を若手と称してごり押しするのは、いい加減に止めて欲しい(´・ω・`)


「スマスマ」
先週の特別編。
面白かった!
そして視聴率も悪く無くて良かった!!
正直、謝罪会見以降のネット上での木村(と慎吾も結構…)叩きは尋常じゃ無いからなぁ(でも、ネットじゃ木村ばかりが叩かれてるけど、私の知り合い関係は「中居は納得してないって事?」「そもそも誰に謝罪してるの?」って感想の方が多かったな)。
それはともかく、そうそう!「スマスマ」の特別編はこうじゃないと!!
今年に入ってからやたらやってる特別編。
吾郎の猫のヤツはギリギリ有りだけど、他のは本当に酷かったからなぁ。
これ、「スマスマ」でやる意味無いじゃん!!って感じで、ほとんど嫌がらせだった。
そんな中、今回の企画は久々の当たりだった。
でもこの企画、木村だから成立するんだよなぁ…とは思う。
慎吾は「おじゃマップ」、草なぎは「ぷっすま」が似たようなノリだし。
中居はまあ面白くなる気もするけど……吾郎は例え面白くても視聴率が…(;^_^A
木村の場合、モロに「さんタク」の「さん」違いな企画ではあるんだけど、「さんタク」自体が年1のSPだし、さんま以外の人と…って所が面白味に繋がったしね。
濱田岳も良かったけど、やっぱり桐谷の図々しさが逆に良い味出してたね。
何かauのCMみたいだったけどw
てか、これ見て以降、「浦ちゃん、魚釣れない癖に」って思っちゃうww
とりあえず、頻繁にやっちゃ駄目だけど、定期的にやって欲しい企画ではあるなぁ。
他メンバーの特別編でも、こういう良企画があれば良いんだけど…。

今週の通常編。
松田龍平が面白かった。
以上!
水曜日のカンパネラって、何かセンスがおっさんっぽくて、見ていて居たたまれない気持ちになるから苦手。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

最近ブログに書く事があんまり無くて…

いや、無くは無いんだけど…。
今年の夏の長時間歌番組は全く見てませんねぇ。
ぶっちゃけSMAPが出て無いからなんだけど…。
熊本が被災した年の歌番組に出ないってのは…どうにも本人達の意志とは思えなくてね。
「スマスマ」もあの惨状だし。
もしも、独立騒ぎに対する何らかの制裁なんだとしたら…って思うとね…。
吾郎や草なぎの時みたいに警察沙汰を起こしたんなら分かるんだけど(でも、草なぎの時の方が温かったよね)、…警察沙汰まで行かないにしてもベッキーの様に倫理的に問題ある行動を起こした訳でも無いし、ファンにしてみたら何があったのかさっぱり分からない状態で、今回はファンこそが1番の被害者だと思うんだけど、制裁を食らってるのがむしろそのファンの方!…って事実が凄い納得行かないんだわ。
SMAPのファンがいったい何をした!?(一部に、暴走する痛いファンが居るのはSMAPに限った話じゃないし)
もう、テレビの世界のオナニー気質にはウンザリ。


それはそうと、「鉄血」の2期が正式発表…と。
PVの時点で、メカ戦のクオリティがヤバい(´・ω・`)
ちなみに1期のDVD7巻も買ったんですよ。
ブックレットは気になったけど、それ以外の特典は要らないから、値段の安いDVDの方で…。
正直、コメンタリーしか聴いてない(;^_^A
しかし、同じ松風参加のコメンタリーなのに「ブラスレイター」や「亡国のアキト」と違って…まあ、監督が不参加なせいもあるカモだけど、作品について触れてる部分が少ないというか何というか…。
作品のクオリティとコメンタリーのクオリティは比例するんだな…と。
とりあえず、「アイン死んじゃったからね」発言が気になったな。
つまりガエリオは死んでないって事?
でも「亡国」でも「決定的瞬間を見るまでは信じない!」的な発言をしてたからなぁ…。
まあ、松風の発言はあまり深く考えないでおこうw
ぶっちゃけ生きてたとしてもなぁ…、「鉄華団に都合の良い人間以外は不幸になる」世界だからなぁ。
また不幸を繰り返すか、鉄華団の味方になるかの2択しか無いのかと思うと、全然期待出来ないんだ。
個人的には
1.アルミリアを救う(期待に応えてくれる可能性50%)
2.マクギリスをやっつける(期待に応えてくれる可能性20%)
3.アインとカルタの仇・三日月をぶっ倒す!(期待に応えてくれる可能性0%)
までやらんと納得行かんぐらいムカついてるので、スッキリする可能性0%なんだぜ…。
ついでに、テロの乙女・クーデリアは終身刑にならんと納得行かん。
てか、火星の貧乏人から不当に搾取して贅沢してるのは、地球人じゃなくてクーデリアの親父!
火星の子供が不幸なのは、火星の大人がクズだから!
…って事実に、スタッフは何時気づくんだろうなぁ?
GHは、ビックリする程何の権限も持って無い組織なのに、何であんなにあちこちから敵視されなきゃならんのか…。
というか、武装して…なおかつガチで軍に対して攻撃までして不法入国した無法者達を、市街地まで追い回す権限も無い治安維持組織っていったい何なんだろう?
GHって何をする為に存在してたんだろう?
考えれば考える程意味分からん。


テレビ感想↓

「とと姉ちゃん」
主人公が独立するまでの思考が全く理解出来ん。
あんな酷い辞め方をした癖に、何故前の職場の人達と友好的に付き合えるのかも理解出来ん。
唐沢が協力する気になるまでの思考が全く理解出来ん。
前作「あさが来た」は、ここぞとうい場面でイケメンが登場して主人公を助けてくれるというご都合展開がまるでベタな少女漫画の様で良く出来ていたけれど、「とと」はツボを外しまくっててツマラナイ。
というか不快。


「アルスラーン戦記」
…CGの使い方がダサい…。
特に、足並みが揃った馬の群れと、それをただグルグル回り込むだけのカメラアングル。
あと、カキワリ状態のOP(もっとポップな作風なら分かるけどさ…)。


「スマスマ」
「ビストロ」ゲストはミランダ・カー。
質問に対する返答が凄い真面目な人だった。
とりあえず、日本文化対決は誰が見てもけん玉圧勝。
芸人が最低。
あんなツマラン芸人を出すぐらいなら、ゆるキャラでも出せば良かったのに…。
「ワンピース王」は、ここで終わるとマジで「スマスマ」でやった意味が分からない物に…。
歌ゲストは布袋。
布袋コラボは毎回カッコ良くて良いな。
こんなカッコイイから可愛いまでこなせるグループ、他になかなか無いよな…。
馬鹿なジャニーズ事務所…。
そして、超久々の木村特別篇やるのか。
まあ、今は他メンバーと何かやっても、もう呼吸するだけでも叩き記事不仲記事にされそうな勢いだから、他事務所の若手と何かやる方が、木村ファンの精神衛生上良いカモ知れないね。
そういう意味では、割と安心できる人選だ。
…まあ、どっちにしろ叩き記事は出るんだろうけど、メンバーを使って叩き記事にされるよりはまだマシかと。
ジャニの後輩と絡んでも面倒くさい事になるのは、炊き出しで判明したし。
もうジャニは面倒くさいから、どんと来い他事務所!!
ちなみにあの水上スポーツ、前々から木村が好きそう!って思ってた。


「そして、誰もいなくなった」番宣関連
とりあえず、玉ちゃんの「あっち向いてホイ」最強伝説w
そして、子供の頃に好きだったサンリオキャラはハンギョどんφ(..)メモメモ
…いや、姉が3人も居る割には、比較的男の子向けのキャラではあると思うよ、ハンギョどん(しかし、イントネーションが変だったような…)。
んで、玉ちゃんは宮迫と絡むと関西訛りが出ちゃうんだなぁ…と。
てか、玉ちゃんと宮迫が揃うと安定して面白いな。
遠い昔、玉ちゃん&宮迫&SAMが揃ったあの番組はキョーレツに面白かったなぁ。


「そして、誰もいなくなった」
マイナンバー批判か…。
しかし、無理矢理過ぎるストーリーだな。
10年も会社に居ながら、会社の偉い人達から全く信用されてない主人公…。
普通なら、犯罪者の方を疑うと思うんだけどね。
それに10年前なら、ナンバーとは別の手段で身分証明して入社してる筈なんだけどねぇ。
んで、IT企業に居ながら、魚拓を取らず、あっさりネットに繋ぐ主人公のお馬鹿具合…。
てか、主人公はもう藤堂新一じゃないんだから、いっそ逮捕されちゃえば良かったのに。
とりあえず、演技力的に黒幕じゃないと思われる人は、ヒロミとキンコメの人とバーの兄ちゃん。
てかあのバーに兄ちゃん、最近ジャニがごり押ししてるけど酷いね。
あんなガキがマスターのバーって、普通に行きたく無いわ。
正直未成年にしか見えない。
26歳らしいけどね。
26歳にもなった人を、今さらごり押しするジャニのセンスの無さがまたヤバい。
大人っぽい人なら分かるけど、26歳のショタなんて、ジャニヲタ以外には需要無いだろう(;´Д`)?
せめてあの怪しいオッサン客がマスターで、ジャニの子がバイト店員なら、まだごり押し臭も減ったのに。
それはともかく玉ちゃん。
あまりに怪しくて、逆に黒幕っぽく無い印象。
てか、このドラマの藤原&玉ちゃんの並び、「鉄血」のガエリオ&マクギリスっぽいw
玉ちゃんがあんなツマラナイ胸糞キャラじゃない事を祈る!(面白い胸糞ならOK!)
ま~何て言いますか、冒頭の主人公の幼少時の記憶&クリスマスの記憶、そしてミムラのカレーの話の嘘くささが気になったな…と。
それはそうと、遠藤要と新井浩文の見分けがつかないのは私だけかしら?
コンテントヘッダー

更新をサボってる間に色々ありました

石原軍団の熊本炊き出しに、木村&長瀬&岡田が参加。
…何という顔面クオリティがハイレベルな面子やΣ(・ω・ノ)ノ!
これは被災者の皆さん、嬉しかったでしょうねぇ。
それに、半端な知識で支援に行って現場に迷惑かけたり、パニック起こしたりするとアカンですから、石原軍団に混ぜてもらったのは、とても賢明な判断だと私は思いまする。
……でも、こういう事すら叩きに使うクズって居るんですね…。
マジでそういう人って、日本人じゃないんだろうな。
そういうクズどもにやたら持ち上げられてる中居が、むしろ逆に心配(清原の件とか、最近の中居の周辺はどす黒過ぎる…)。


そして久々に「鉄血」ネタ。
何か「グレメカ」にマクギリスのノープラン馬鹿っぷりが書かれてたとか何とか(現物は見て無いのですが)。
…まあ、あの作品、クーデリアもオルガも皆ノープラン馬鹿なんですがね…(そもそも監督が…)。
私的に信じられんのは、制作サイド的にはこれが「不測の事態にも臨機応変に対応出来るマクギリスすげー!」って話みたいな事なんですよ。
しかし視聴者にすれば、何故こんな事が「不測の事態」になり得たのか?って話なんですよね。
だってマクギリスって、あれだけガエリオに阿頼耶識を勧めていた癖して、阿頼耶識の実力を全く把握してなかった訳ですよね?
アホじゃねーの?と。
それに、何でマクギリスは三日月をそこまで高評価してたんだろう?
三日月って、作中でやたら「凄い」「凄い」って言われてるけど、実は阿頼耶識3つでガエリオ(戦果0の男)とほぼ互角…っていう、「ガンダム」史上最弱クラスのヘボ主人公でしょ?(阿頼耶識無かったらどんだけ弱いんだろう?)
ガエリオ+アインに対して、マクギリスの裏切り行為があってやっとアイン1人を倒せた程度のヘボい実力な訳で…。
そんな奴がどうして、ガエリオ+阿頼耶識アインに勝てる!…と思っていたんだろう?
絶対勝てる訳無いじゃん(まあ「鉄血」の場合は勝つ事があるから困るんだが(;^_^A)。
日本のサラリーマンの平均レベルの知能があれば、「三日月如きが1人で勝てる訳が無い」と判断する所ですね、これは。
何か本当に…ビックリするぐらいアホですわ、マクギリス。
そんなアホにあんな目に遭わされたのかと思うと……すげームカつく(#^ω^)
…いや、でも、最近マジで考えてるんだけど、ガエリオを殺してもイズナリオを生かしておいたら、ボードウィン家にマクギリスの悪事がバレるんじゃね?
私がイズナリオだったら、絶対ボードウィン卿にチクるけど?
普通は、まずイズナリオを殺すべきじゃないのかね?
……って思っても「鉄血」の敵キャラは基本、「私ならこうするから、絶対にこんな奴らには負けないのに」と思う事ばかりだからな(´・ω・`)
まずは監督が、主人公に都合の良い視点でしか見て無いからどうにもならん。
物語を創作する人間が、敵や脇役の視点に立つ事が出来ない、俯瞰で物を見ながら作れない…って、もう致命傷だよね。
ここまで頭の悪い人が作ったアニメって、初めて見たわ(;´Д`)
……てかこの監督…褒める所が1つも無いんだけど…何で監督になれたんだろう?…と割とマジで疑問が…。
ストーリーだけじゃなく、演出的にプロレベルな所って、何かあったっけ?
「鉄血」ヲタって、やたら「種」の福田監督を貶す傾向にあるけど、確かに私も「種」シリーズは嫌いだけど……しかし!
福田監督のロボット演出はすげーカッコイイいんだぞ!
その1点だけでも、「鉄血」の監督に圧勝しとりますがな。
「鉄血」と同じ接近戦メインのロボアニメなら「電童」ってのがありましてね…。
ロボ戦の魅せ方が雲泥の差ですわ(電池で動くロボットって発想も凄いけど、その電池入れ替えシーンで燃える!なんて天才だろ)。
ストーリー的には、スバルの存在を丸ごと脳内削除するとかなりの良作w(ただ、ちょっと「グランゾート」の焼き直し感があるけど)
むしろ「種」シリーズって、福田監督の良い所が全滅してるから好きじゃないんだよなぁ…(´-ω-`)
それはともかく「鉄血」って、ロボットアニメの醍醐味である、ロボット搭乗&出撃シーン、新武器入手&使用シーンをすっげーテキトーに扱う所が許せん。
「種」に喧嘩売れるレベルにも達して無いぜ。

てか最近ふとですね、…こっちは赤根監督ですけどね、「亡国のアキト」のシンは、実はメカ戦に於いてはグレイズアイン並みに0キルなラスボスだったんじゃないか?…なんて考えてたんですよ。
しかし、何故かアインと違ってすげー強い印象があるのです。
何でだろう?
と私なりに分析した所、やっぱりメカアクションの動きと演出がすげー!ってのが1番なんですわ。
でも、それは3Dであんだけ金と時間をかけたんだから、そこを「鉄血」と比較するのは流石に気の毒(とはいえ、大張さんを無駄遣いした長井に「アキト」スタッフを使わせても、あんな凄いモンは作れないだろうけど)。
んで、もう1つ気が付いたのが…
主人公達がすげー必死!
…って事なんです。
主人公達が、シン相手に苦戦して必死になってるから、よりシンが強く見えるんですな。
そこが「鉄血」と徹底的に違う部分であり、三日月が主人公である以上、「鉄血」のメカ戦が絶対に面白くなる訳が無い部分でもあるのです。
そういやそうだよな。
1期最終回も、三日月VSアインより、ガエリオVSマクギリスの方が印象に残ったもんね。
それは、ガエリオが必死だったからだよ!
……と「鉄血」は、「どうやったら面白く無いアニメになるか」という見本になってる作品と言いますか、他作品が何故面白いかをより分析し易くなるので、良作(「アキト」はストーリーには問題大有りだけどね)と併せて見るにはとても良い作品ですw
勉強になりますわ、マジで。


テレビ感想↓

「ゼロ・グラビティ」
映像は凄かったけど、話は……。
何か主人公が嫌い。
何でこんな無知無能でネガティブな奴が宇宙飛行士になれたんだろう?
…と、すっげーモヤモヤしながら見てしまった。
「オデッセイ」の主人公はポジティブ過ぎて、「こんな奴居るか~!」とも思ったけど、あんな絶望的な状況で生き残る場合、あのぐらいポジティブな方が説得力あるよな。
映像が良いだけに、凄い残念だった。


「とと姉ちゃん」
女2人でビアホールに行ったり、出来婚したり、いったい何時の時代を舞台にしたドラマなんだろう?
このスタッフ、日本人じゃないのかな?
自分の親や祖父母とマトモに会話した事があれば、昔の日本でそんな事をする女は相当なアバズレって事が分かると思うんだが…。
それはともかく、常子の絵の扱い方が雑過ぎて殺意が芽生えた。
清はこんな糞女と結婚させられなくて良かったな。


「スマスマ」
この先の放送ラインナップに絶望して、全ての感想が吹っ飛んでしまった…。


「ブラタモリ」
空母超かっけー!
てか、頭では分かってたけど、改めてすげーデカいなぁ。
城みたいじゃん!
いやー、これはちょっと、ヤバいぐらい楽しかった!!
…しかし、このタイミングでこの特集とは…(;^_^A
米軍も一応、日本の世論を気にしてるんだなぁ…と。
まあでも私、元から「戦争は反対だけど軍と兵器は大好き!」…な人だから…そこは深く考えないでおこう。
それにしても、この同行してる女子アナ無知だなぁ…とか思ったけど、一緒に見ていたママンも楽しむ為には、このぐらい無知な人も一緒に居た方が良いよな…と。
コンテントヘッダー

Fantasy on Ice in SAPPORO

…を見て来ました。
うん。
チケット発売前にプルシェンコの欠場が決定。
本当は出る筈だった羽生が、発表の隙も与えず欠場が決定。
公演直前にキャンデロロの欠場が決定。
……勿論、他のスケーターもちゃんと魅力的。
しかし、会場盛り上げ係が2人も欠場。
何より、フィギュア文化が根付いて無い道民にとって、羽生の欠場は痛い。
今は幕張公演もあるから、本州からの遠征組も少なそう。
これは、集客数がヤバイ事になりそう…と思いつつ、私も千秋楽だけ見に行きました(;^_^A
…その千秋楽もねぇ…やっぱり人少なかったですよ。
金曜はもっとヤバかったとか…。
札幌で平日公演なんて、ちょっとした自殺行為ですわ。
う~ん、これは次は無いかなぁ…(´・ω・`)

あと、今回は参加アーティストもイマイチ。
いや、ピアニストの人はOK!
羽生の不参加がつくづく残念。
華原朋美は思ったよりは上手かったし、会場を盛り上げようと頑張ってたのは伝わった。
でも、歌の自己主張が強くてちょっと違う…って感じ。
…しかし、いつぞやのクリスタルケイよりは良かったけどね…(あの人、私が聴いたプロの生歌で1番下手だった気がする。ぶっちゃけ、中居&草なぎ級の音痴)。
藤澤ノリマサは、これで初めて知ったけど、札幌出身という事で応援したい気持ちはあるが……どっちかと言うとアニソン向きな気が…(;^_^A
今どきのアニソンはアレなんで、戦隊の主題歌とか歌って欲しいわ。

ショー自体は…とにかく2大盛り上げキャラが居ない中、ベルネルが滅茶苦茶頑張ってた!
これほどベルネルが頼もしく見えた事は他に無い!!
…てかベルネルって、毎回ゲストアーティストとのコラボをやってる気がする…。
その度に、振り付けを考えたり覚えたりしないとならない…その労力を考えると本当に凄いよなぁ…と。
非スケヲタへの集客力は無いに等しいけど、毎回の様に呼ばれる理由が分かった気がする。
あとやっぱりジョニーも良かったなぁ(しかし、ビヨンセの「おっおーおっおおっおおー♪」って曲を聴くと、「さんタク」のさんまを思い出してしまう私(;^_^A)。
ジョニーはプログラムも良かったけど、フィナーレが最高に面白かったw
フィナーレといえば、不発に終わっちゃったけど、宇野&フェルナンデスのジャンプ対決(!?)も面白かったデスヨ。
千秋楽はこれがあるから良いよねぇ。
そしてランビエルは何時も素敵。
バトルも素敵だし…てか、決してダメなメンバーじゃないのよね。
充分豪華。
でも一般へのアピールが弱い上に、割と何時ものメンバーだから本州からの遠征組を引っ張るパワーも弱いというか…。
勿体ないなぁ…。

ちなみに私は、キャンデロロ好きの友人を誘って行ったのですが……その友人はキャンデロロの欠場にガッカリしつつも、何だかんだで有名な他のメンバーと、アクロバットとエアリアルを楽しんでおりましたよ。
本当にこのショーは面白いので、札幌公演がイマイチな感じに終わってしまった事が本当に残念。

あと、斜め後ろの客が最悪だったなぁ。
テレビを見てる感覚で、演技中ずっとお喋りしてる癖して、我々がスタオベしたら「見えないから立たないで!」って注意されたよ(#^ω^)
まあ、老人だからスタオベされると迷惑…って気持ちも分からなくも無いので…そこに関しては「老人席を作ってくれ!」って思ったけどさ…。
前の席の人は、ずっとキャップを被りっぱなしだった…。
お前ら、札幌ドームで野球観戦してるんじゃないんだからな(# ゚Д゚)!…と。

……そういや、もし日ハムが新球場作っちゃったら、札幌ドームは今後どうやって維持して行くんだろう(´・ω・`)?


テレビ感想↓

「とと姉ちゃん」
何か感想が…「鉄血のオルフェンス」に似て来たぞ。
「起承転結」って知ってる?
そのギャク面白いと思ってる?凄い不快なんだけど…。
常識ある?
倫理観どうなってるの?
…って感じ。
ギャグのセンスとか倫理観はとりあえず置いておいて(センスと育ちが悪いのは、努力ではどうにもならん。そんな奴がプロの作家になるな!とは思うが)、起承転結が描けて無いのは何とかならんのかねぇ?
脚本家になる人間は…絵は棒人間でも良いから、まず4コマ漫画を描く勉強をした方が良いと思う。
最近、基本が出来て無い人が多すぎ(ドラマもアニメもコネ社会過ぎるな)。
あと、タイピストの給料が良いのは本当なんだろうけど、
☆祖母への借金返済
☆妹の学費
☆生活費
これだけ支払った上で遊ぶ金ってあるのかね?
とと姉が妹に「誰のお陰で生活出来てると思ってるの?」と怒鳴りつけてるシーンがあったけど、どう見ても祖母と森田屋のお陰なんだがな。
自分は仕事で家訓破るのOKだけど、妹が祖母の仕事の手伝いで破るのはダメ!…って、何じゃそりゃ?
どんだけ祖母を軽く見てるんだ、このクソガキ!
しかも、そこで姉の味方になる母親は完全に狂ってる。


「スマスマ」
先週
「ビストロ」ゲストは玉木宏。
玉木の食べっぷりは好きですわ。
草なぎのチャレンジ企画は……何か中居の年末特番の草なぎ版を何故か「スマスマ」でやっちゃった感。
5人でやれば面白いと思うんだけどねぇ。

今週
「ビストロ」ゲストは西島秀俊と竹内結子。
これは面白かった!
ケツ子ちゃんはSMAPと相性良いな。
西島も頑張ってたな。
木村の突っ込みも冴えてたな。
しかし、草なぎの人名の覚えなさはちょっと…天然なのかわざとなのか分からないけど、あんまり印象良くない(´・ω・`)
最近ちょっと引っかかる。
カニ蔵は、初期のノリに戻ったですな。
とりあえず、海老蔵頑張れ!
歌ゲストは、水前寺清子とくまモン。
これは、トークをカットしたらダメ!
絶対ダメ!!


「中居の図書館」
私の香草嫌いはDNAレベルなのか!
よし、今後も頑張らないぞ!!
そしてダチョウはアホ可愛い(*´ω`*)
コンテントヘッダー

しばらく放置しておりました

放置してる間に色々ありました。
まずは、蜷川さんがお亡くなりになりました。
私は舞台に興味が無い人なので、蜷川さんの作品はほとんど見た事が無い(「Wの悲劇」の劇中劇をチラ見程度か…)のですが、この人が居なかったら今の木村拓哉も居なかったんだな…と思うと、何とも言えない気持ちに…。
そして彼は、役者に対して灰皿を投げる事で有名ですが、そんな彼に厳しくされた俳優さん達は、皆彼を慕っているという事実。
勿論、恨んで辞めた人だって居るんでしょうけど、そうやって脱落して行った人達だって、早めに芸能界を去り別の人生を選択する事が出来た訳だから、結果的には良かったんじゃないかと…。
「明るくて良い子」しか売りが無かったのに、その武器すら失ったベッキーが、未だに芸能界に縋りついている姿を見てると、彼女の事務所や「金スマ」スタッフの方がよっぽど極悪非道だよなぁ…と。
暫く表舞台から消えて、何か勉強すれば良いのにね、ベッキー。
…なんて、蜷川さんの事からベッキーに思いを馳せる訳分からない私ですが、マジで若い時に、蜷川さんの様な人に厳しくされた人間は幸せなんじゃないかと。
特にあの世界を生き抜くには…。

あと、声優の水谷優子さんが亡くなりました。
ピノコー!!
…何か…まだ若いし……全然想像してなかった…。
しかも乳癌って、生存率高いイメージなのに…。


そして、話題はガラっと変わって、玉ちゃんの連ドラ出演が決定!と。
脚本家がアレな人なので、まあ内容にはそんなに期待してない(;^_^A
でも、毎週見れるなら良いな♪
…って程度で…ハイ。
そういやWAKEのCM、弟は何処行ったんだ?

あと、松風がアメリカのヲタクイベントに参加中…と。
てっきり「シェンムー」関係で行ってるのかと思ったら、「ガンダム」関連なのかΣ(・ω・ノ)ノ!
「鉄血」ってアメリカ人にウケるのかしら?
正直、日本でもウケて無いのに(;^_^A
でも、何かゴッツいコスプレイヤーと記念撮影したり、楽しそうで何よりw


テレビ感想↓

「とと姉ちゃん」
このドラマのタイトルは、「とと祖母ちゃん」の方が良いんじゃないか?
とりあえず、他人に迷惑をかけるな。
母親よりも、まず居候先と祖母に感謝しろ!
あの母親は、毎回何もしとらん(# ゚Д゚)


「スマスマ」
先週
「ビストロ」ゲストは樹木希林と阿部寛。
…まあ、これは別に良いや。
その後のマジックコーナーは相変わらず糞過ぎて最悪。
あんなんダラダラやるぐらいなら、歌ゲストの吉川晃司とのトークを放送しろよ!
今週
猫可愛い。
それだけ。
そして来週の予告は、また草なぎ?
「スマスマ」は、何時から下3人がメインの番組になったんだ?
流石にウンザリ。


「ソロモンの偽証」
こんな話2時間で纏めろよ…と。
てか、神原君だっけ?
彼がとっとと警察に話してれば、マツコちゃんは死なずに済んだんだよな?と。
柏木とかいうクソガキが死んだのは彼のせいじゃないけど、マツコちゃんの死の方にはちょっと責任あると思うんだが…。
あのニキビ女にも責任あるし。
そっちの方が罪が重いと思うんだけど、スルーされてて気持ち悪い。
あと、イジメやってた奴も糞だったな。
マツコちゃんはホント良い子。
彼女と彼女の両親、そして彼女をひき殺した人が気の毒。
柏木とかいうクソガキと、そのクソガキを虐めていたクソガキと、そのイジメっ子を陥れ様としたクソガキと、とっとと真実を警察に話さなかった神原のせいで、1番性格の良かったマツコちゃんが無駄死にしたというのに、裁判が終わった直後に笑顔で話す主人公一家が凄い気持ち悪かった。
酷い映画だった。
コンテントヘッダー

GW終了

実は1年位前から、自分の体が余りにあんまりなので、ジムに通って筋トレしてるんですが、全然痩せません(´・ω・`)
逆に、風邪をひき易くなりました…。
というか、慢性的にひきっぱなし。
中居の「図書館」で言っていた、2日に1回の筋トレはオーバーワークで逆に免疫力が低下する…という話はガチの様です。
筋トレは週2日にして、間の1日は有酸素メインで行くべきなのかしら!?
ちなみに、1年かけてやっと上半身の筋肉量が平均レベルに肉薄…(;^_^A(どんだけユルユルだったんだ…と)
下半身はまだまだですわ。
自転車だけでは、どんなに乗っても筋肉は付かないんですなぁ…と。


テレビ感想↓

「とと姉ちゃん」
かかが、キ○ガイレベルの自己中で辛い(´Д`)
親の言いなりになりたく無いから親の援助は受けません!
でも、他人の援助はバリバリ受けます!!
…って、なんじゃそりゃ~(# ゚Д゚)
お前さえ母親と上手くやれれば、子供は勿論、他人にも迷惑かけずに生きて行けるんだよ!
何か、祖母ちゃんの方に感情移入しちゃうよな…コレ。
清さん、確かにキャラはウザいけど、ちゃんと仕事してるし、別に悪い人では無さそう。
結婚の話を知らなくても、自らの意志で娘達と仲良くしようと頑張ってるじゃん。
娘の意志を尊重する事を前提に、暫く様子見したって良いのにね。
娘は3人居るしね。
あと、材木問屋なんか知ったこっちゃ無い状態で親と喧嘩してるかかと、仕出し屋の為に頑張った結果親と喧嘩してるピエールを一緒にするのは非常に失礼。
かかのは本当に単なる我儘!
そしてあの学生さんは、「梅ちゃん」の松岡先生の劣化コピーに見える。
「梅ちゃん」の変人2人は、ぶっちゃけ相手役のノブより全然魅力あったけど、こっちの変人キャラは完全に滑ってるな。


「マクロスΔ」
回想だけど、マックスが出て来た。
あの絵柄に美樹本キャラが入る違和感…(;^_^A(「カバネリ」やってる場合じゃないのでは…)
しかしマックスの設定上、彼が後のシリーズに残す影響が絶大なのは分かるんだが…逆に主人公の輝の存在感の無さを改めて実感。
こんだけ後のシリーズに影響を与えて無い主人公ってなかなか居ないのでは!?
まあ、そんな奴が主人公って所が、初代「マクロス」の売りでもあったんだけどね。


「陽だまりの彼女」
うむ。
劇場に見に行かなくて大正解な駄作だった。
こういう話って、せめて学生の恋愛程度で止めておくべきだと思うんだ。
結局、何も無かった事になるご都合主義パターン(1番嫌いなタイプのファンタジーだ)だから良かったけど、途中から「おいおい、この糞猫!この家どうするんだよ?お前の自己満の為に主人公の人生滅茶苦茶じゃん!!」と気が気じゃなかった。
てか、何で人間にならなきゃならんかったんだろう?
多分、人間になった猫と人間の恋愛を描くのが目的だったんだろうけど、そこに至るまでの設定がユルユル過ぎてツマラナイ(´・ω・`)
最近、そういう雑な話多いよなぁ。
あと、子供がベランダから落ちるシーンは大爆笑だった。
どういうシチュエーションであんな状態になったんだよ?
母親の反射神経が変態レベルだろ!?
あと、ペットの金魚を食った人と恋愛なんて絶対無理だわ~とか思った。
金魚可哀想(´;ω;`)
結局、上野樹里が異常に可愛く撮れてるだけの映画だった。
玉ちゃんは思ったより出番が多かったけど、単なる便利キャラだった。
あと個人的に、松潤の顔がスゲー苦手なんだけど、アップが多すぎて苦痛だった。
テレビでこれだけ苦痛って事は、映画館ならもっと酷かったんだろうな…。


「スマスマ」
「ビストロ」ゲストは男子バレーの皆さん。
皆さんトークも出来るし、楽しい「ビストロ」だった。
地味に木村の動体視力の凄さに感動!
てか、木村は本当にスポーツ好きというかアスリート大好きだよね…と。
何より、外人選手も好きだけど、基本日本人選手を応援してる!…って所が、芸能人として正しいスタイルなので安心するわ。
てか、日本人選手を応援出来ない奴は、テレビでスポーツを語っちゃダメだと思う。
歌ゲストはアリアナ・グランデ。
相変わらず可愛いなぁ…アリアナ(*´ω`*)
SMAPもカッコ良かった。
てか、今週はとても良い「スマスマ」だった。
コンテントヘッダー

GWでござる

昔はスパコミなんか行ったりして忙しかったモンですが、最近はのんび~りしてますなぁ。
いや、「鉄血」が面白ければ何かやってたカモだけど(;^_^A
正直、あの酷いラストのせいで、ガエリオとアインへの萌えは放送中より上昇してるんだけど、作品愛が最低過ぎて地中にまで埋まる…という異常な気持を初体験中…。
ラスト付近のガエリオとアインのキャプ絵とかを見て興味持った人達も居るみたいなのに、その2人をあんな扱いにするなんて、本当に馬鹿なスタッフだよなぁ…と。
アインはともかく、ガエリオには何か救いのあるラストを用意しておけば、2期からちゃんと見よう!って思う人も居たカモ知れんのに…。

そんなモヤモヤした気持ちを抱えつつ、「ガンダムA」の監督のインタビューを読んだ訳ですわ。
…もうね、インタビュー時の一人称が「俺」な時点で目眩が…。
ああ、あんだけ非常識な話を作るだけあって、相当常識無いわ…この人……と。
そして内容もね、頑張って読んでみたんだけど…何を言ってるんだコイツ?的な…。
鉄華団は歴代「ガンダム」でも最低な主人公だけど、勧善懲悪じゃないのが「ガンダム」らしさで、GHも善悪がアレな組織で云々…的な事を言っててね…。
いや、確かに「ガンダム」は勧善懲悪なアニメでは無いですよ?と。
でも、上司をぶっ殺して会社を乗っ取り、無実の人を勘違いで絞殺未遂してもその事を全く反省せず、勝手に出国してヤクザの手下になり、ヤクザに国の利権を売り飛ばし、未成年飲酒&買春をして、恋人でも無い女性にいきなりキスをして、コロニーに武器を密輸し、それを取り締まりに来た軍人をぶっ殺した奴らに加勢して、国境を守る軍隊を倒して他国に不正入国した奴らが、その軍を裏切った奴と手を組んで真面目に国防に励む軍人をぶっ殺して、最終的に英雄視される…ってのはね……。
それは「勧善懲悪じゃない」どころか「勧悪懲善」になっとるんじゃい(# ゚Д゚)
そんなモン、「ガンダム」以前に物語にもなっとらんわ‼
とか思いながら読んでたらですね、このバカ監督、三日月もクズだけど、同じ様にマクギリスもクズ…とか言ってるんですな。
そこで気が付きましたよ。
コイツ、GH=マクギリスだと思ってやがる。
三日月VSマクギリスの構図を描いていたつもりでいやがる。
…と。
しかし視聴者にとっては、GH=ガエリオとアインであってマクギリスでは無いんですな。
だってアイツ、裏切り者だし。
鉄華団とは全く敵対してないし(というか、三日月と善戦していたガエリオの敗因はコイツ)。
…てか、この件で「三日月をマクギリスなんかと一緒にするな!」と怒ってる三日月ヲタを某所で見て笑ってしまった。
いや、両方同等のクズな事は間違い無いけどねw
しかし何かこの監督、批判意見に対して「俺は分かって描いてるんだよ!」と言い訳する為に、この作品を素直に面白いと思ってくれる数少ないヲタの人達を後ろから撃つ様な真似してる辺り、本当にアホやなぁ…と。

あと、ガエリオは貴族的な人間だから、馬鹿にされると直ぐに怒る…って何の事だろう?
ガエリオがガチで怒ってたのって、三日月とマクギリスに対してだけだと思うんだけど…。
そして、その2人は自分を殺しに来たんだから、普通誰でも怒るでしょ?と。
ガエリオはむしろ優しいぐらいよ?
…何か、監督も三日月ヲタも、あの絞殺未遂を軽く考えてる所が凄い嫌だわ。
あれは、人として絶対に許しちゃ駄目!
三日月の為にもならない!!
もしもこれが富野アニメなら、あそこで三日月はボッコボコにされてた筈…。

てか「鉄血」の監督って、富野アニメを全く理解してないよなぁ…と。
富野アニメって、確かに「勧善懲悪じゃない」けど、主人公の悪事には凄い手厳しいんだよね。
悪事どころか、正当防衛にさえ手厳しい。
そもそも「1st」だって、戦争を知らない子供達に向けて作られた作品なんだよな。
んで、今どきの普通の男の子が戦争に巻き込まれたらどうする?って所から話が始まってる。
もしそうなった場合、ひたすら逃げまくるか、アムロの様に戦うかの2択になる。
そしてもし、自分がアムロの様に戦って勝てる能力を持っているのなら、家族や友達…小さな子供達を守る為に戦う事を選ぶだろう…と。
戦争を知らない子供でも、ちゃんと感情移入し易く作られている(少なくとも、ヤクザの舎弟になって軍隊に喧嘩を売る奴よりは、国を守る為に戦う人の方がよっぽど感情移入出来る)。
そして、誰もが「戦争だから敵を殺してしまっても仕方がない」と思って見ている所に、敵にも戦う理由がある事や、敵にも愛する人間が居る…等という現実を突き付けて来る。
自分が生き残る為とはいえ、人を殺す事の意味…を視聴者に考えさせる様に作られている。
それが「1st」の「勧善懲悪じゃない」部分。
でも「鉄血」は逆なんだ。
「鉄血」は、相手も悪いんだから、こっちも悪い事をしても良いだろ!?…というスタンス。
富野氏は日本人らしい思考だけど、長井氏は韓国人臭い思考なんですな。
ぶっちゃけ、その思考の時点で既に間違ってるんだけど、「鉄血」の場合、そもそもGHは本当に悪い事をしてるのか?という部分から疑問が出て来る所が大問題!
少なくともガエリオとアインとカルタには、「治安維持」という表向きの戦う理由があって、ガエリオは最初からずっと「投降して処罰を受けろ」と警告していた(実際、誰も殺して無い)。
対して鉄華団側は「投降する理由が無い」と聞く耳を持たず、その後も犯罪を繰り返していた。
そしてガエリオとアインとカルタは、マクギリスという裏切り者のせいで命を落とし、鉄華団&マクギリスの大勝利!という後味の悪いラストを迎えた。
GHには各国の内政に干渉する権利が無い以上、「GHの圧政により民衆が苦しめられている」というクーデリアの言い分は単なる言いがかりだし、鉄華団にはクーデリアの護衛の仕事を止める機会が何度もあった。
火星の鉄華団本部も、GHは襲って無い(富野アニメなら、バルバトスが宇宙に出た瞬間にぶっ潰されてますわ)。
鉄華団には、帰る場所がちゃんとあった。
にも関わらず、被害者ぶりながら自分勝手な理由で地球を戦場にしたのは、鉄華団のクソガキどもだ!
なのに鉄華団が好きなヲタは「鉄華団は生きる為に仕方がなく人を殺していた」「鉄華団は悪く無い」と、馬鹿な脚本を鵜呑みにして思考停止している。
人を殺す…という意味を全く考える事が無く、鉄華団の正当性(ンな物存在しないが)を主張する。
これは富野アニメと全く逆だ。
何度も言うけど「鉄血」は、「勧善懲悪じゃない」アニメじゃなくて「勧悪懲善」アニメなんだよ…と。

あと、ガエリオは松風の演技のお陰でキャラが立った…とも言ってたけど、最初はどういうキャラにするつもりだったんだろうな?
最初のOPの時点で、ガルマとは全く別物だったけど…。
そもそも、松風ボイスでガルマ…ってのも違和感が…(「夏目友人帳」の黒にゃんこを見る限り、出来なくも無いとは思うけどさ)。
何にしろ、ガエリオは松風で良かった。
…というか、松風がガエリオ役で良かった(;^_^A(もしマクギリス役だったら…いくら松風ボイスでも好きになれたとは思えないw)


テレビ感想↓

「とと姉ちゃん」
アカン。
「まれ」並みに苦痛になって来た。
無能な癖に自己中なかか。
何かイラつく主人公。
ピエールの怒鳴り声。
雑な上に不快なエピソードの数々。
イケメン不在。


「スマスマ」
「ビストロ」ゲストは海老蔵親子。
可愛かったけど、流石に「ビストロ」ゲストには幼すぎる様な…。
「コップのツヨ子」は相変わらず面白いですなw
てか、フチ子さんの身体能力は内村航平ばりカモww
歌コーナーは慎吾の好きソング。
そういや映画で歌ってたなぁ…と。


ちなみに今期のアニメは「ガンダムUC」と「ヒロアカ」と「カバネリ」と「マクロス」を見てまする。
「マクロス」は何か微妙になりつつある…(;^_^A(てか、脚本が「鉄血」ファミリーの様な…)
「ガンダムUC」と「ヒロアカ」と「カバネリ」はまだ様子見ではあるけれど、とりあえず「鉄血」の後に見ると、主人公がマトモ!という時点で安心出来るわ~(*´ω`*)
三日月、ホント気持ち悪かったなぁ…。
CalendArchive
プロフィール

とろり

  • Author:とろり
  • 主にドラマの感想等…
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RECENT mini
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード